ガラス美術復元品やオリジナルガラス工芸品の注文制作・修理修復を承ります!! 送料600円~、工芸品10,000円以上お買い上げの場合送料無料。
ホーム | ガラス工芸品 > 復元品紺琉璃坏
商品詳細

紺琉璃坏[AS-002]

販売価格: 162,000円 (税込)
正倉院ガラス器の復元品です。★在庫無★

技法)吹きガラス、銀足付き

原作)ササン朝、7世紀

 製作地はメソポタミア地方。紺色の発色は酸化コバルトと酸化鉄による。材質はソーダ・ガラス。脚台は純銀製。ただし現在正倉院の紺琉璃坏につけられている銀製脚台は、明治初年の新補修品。原初の脚台とはまったく異なったものである。もともと付いていた脚台の受座の部分が、明治38年に正倉院の塵芥中より発見されたが、それは美しい忍冬文の透かし金具である。復元品の銀製脚台は、したがって、7世紀当時の原型に復して、六方放射状の忍冬文様の脚台となっている。なお、脚台の細足(ステム)の部分についている節状のふくらみは、ササン工芸でしばしば装飾文様の縁取り文様として使われたハート形が21個刻まれている。西アジアで吉祥数とされた7の3倍数である。

★ご購入をお考えの方は、下記までご連絡をお願いいたします。
 連絡先電話)044-544-5334

※木箱入です。
※本製品は、一品一品手づくりの為、表示サイズ及びデザイン(色調、かたちなど)が掲出写真と異なることがございますので、予めご了承下さい。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス